<< 「罪と罰」を読む(第6部第8章) | main | ネコご報告 >>

「罪と罰」を読む(第6部第8章)

(190)

 

最後の最後に来てまだまだ謎の描写があります。

 

ラスコーリニコフが大地に口づけしている場面で、通りがかりの人々がひざまずく彼を見てあざわらいます。

その中の一人がこう言います。

 

みんな、こいつ、エルサレムへ行く気だぜ、子供や故郷とお別れしてるんだ。

この世のみんなにお辞儀してるんだ。

おれたちの都サンクトペテルブルグと、その土にキスしてるってわけよ

 

おおっ、何と的確な説明でしょう!

 

 

まるで「キャプテン翼」の実況アナウンサーなみです。

台詞の主は「ほろ酔いかげんの町人らしい男」とのことですが、ただ者ではなさそうです。

 

それから火薬中尉の一連の台詞もよく分かりません。

彼は「運よくお妹さんにもお目にかかれました」と言います。

ドゥーニャはそんなこと言っていませんし、そんな機会があったとも思えません。

 

さらに火薬中尉はザメートフが転属になったとも言います。

新人類で扱いにくかったとも。

しかしこのあたりの顛末も本編では語られずじまいです。

 

ドストエフスキーの中では「地道に、しかし見当違いの捜査を続ける火薬中尉」という裏ストーリーがあったのでしょうか。

その捜査の一環でドゥーニャと会い、ラズミーヒンには一目置いたけれど、ザメートフとは衝突し……。

もしかすると第四部のあとあたりに幻の章があったのかもしれません。

 

頭の中は疑問符でいっぱいですが、とにもかくにもこれで「罪と罰」本編は終了です!

下部消化器外科専門用語でいうところの「残便感」が著しいですが、いよいよ次回からはエピローグです。

今年中に終わるのでしょうか?


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM