<< 「罪と罰」を読む(第6部第8章) | main | 「罪と罰」を読む(第6部第8章) >>

「罪と罰」を読む(第6部第8章)

(185)

 

実はここまで解釈しても分からないところがあります。

ラスコーリニコフの台詞のちょっと前、ソーニャが感じた違和感です(401ページ)。

 

ソーニャは驚いて相手を見やった。

その口ぶりが妙に感じられたのだ。

つめたい戦慄が、体を走った。

だが一分ほどすると、彼女はすぐにさとった。

この口ぶりも、この言葉もーーみんなこけおどしにすぎない。

彼はなぜか隅のほうばかり向いて話し、まともにこちらを見ないようにしているらしかった。

 

ラスコーリニコフはソーニャに十字架をもらいに来ました。

ソーニャの言葉に従って自首すると言いに来たわけです。

なのにこれ以上何を強がって見せることがあるでしょうか?

 

しかしこの謎はひとまず置いておきましょう。

 

さて、403ページには四つの十字架が登場します。

まず、ソーニャの糸杉の十字架。これをソーニャはラスコーリニコフに与えます。

もう一つは銅の十字架。これはもともとリザヴェータがかけていたものです。

ソーニャの聖像と取りかえっこして今はソーニャの手元にあります。(157ページ)

 

あとの二つはラスコーリニコフの記憶の中に登場します。

老婆がかけていたものです。

「同じような十字架、ほかにもふたつおぼえているよ、銀のと、聖像のやつ」

 

ところが第1巻の186ページの殺人シーンではこうなっています。

 

紐には、二つの十字架がついていた。

糸杉のと銅製の十字架で、そのほかにもエナメル細工の小さな聖像がついていた。

 

あらあら、謎を一つスルーしたと思ったら、すぐまた新しい謎が出てきてしまいました。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM