<< 夢見る映画〜20世紀の100本の11本目の1 | main | 夢見る映画〜20世紀の100本の11本目の3 >>

夢見る映画〜20世紀の100本の11本目の2

しかし1954年版「ゴジラ」があんまり面白くないとなると、「ゴジラはやっぱり日本人が作らないとだめ」という思い込みが根底から崩れることになります。

 

実際、2014年に作られたギャレス・エドワーズ監督の「GODZILLA ゴジラ」もなかなかの迫力でした。

 

 

ゴジラが戦うシーンが少ない(何と、怪獣との格闘シーンの一部が描写されない)、渡辺謙が物語的に全く機能していない(つまり渡辺謙を全部カットしてその分ゴジラを映せばよかった)、などなどの欠点はありますが、1954年「ゴジラ」よりは圧倒的に面白いです。


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM