<< 潤一郎全集あれこれ(47) | main | あけましておめでとうございます >>

潤一郎全集あれこれ(48)

〇 仮装会の後

 

三人の紳士が社交倶楽部で昨日の仮装会を振り返っていた。三人とも意中の未亡人に逃げられてしまったのだった。未亡人を射止めたのは醜悪な青鬼だった。一人が青鬼の姿を思い出し、クラブの給仕がその正体ではないかと言い出す。三人が給仕を呼び出し問いただすと給仕はあっさりと認めた。どうしてお前のような醜い男が、という問いに給仕は答えた。女は人よりも悪魔を好くことがある。醜男だけが悪魔の美を持っているのだ、と。

 

これでも第5巻に収められている小説のまだまだ半分です。

「谷崎潤一郎全小説全あらすじ」なんて可能なんでしょうか?

 

さて松本胃腸科クリニックは12月29日から1月3日まで休診です。

胃腸風邪も猛威を振るっています、インフルエンザも流行の兆しを見せています。

どうかお身体に気をつけてよいお正月をお過ごしください。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM