源氏にまつわるエトセトラ(18)

海外の長篇小説第57位

紫式部「源氏物語」(岩波文庫)

そもそもなぜ「源氏物語」が「海外の長篇」にランクインしているのか疑問に思う人がいるかもしれません。
推薦者の一人はアメリカの日本文学研究者で、いわく「タイラーの英訳は正確で生きていて最高の名訳で、立派な「海外の長篇小説」になっている」からだそうです。
もう一人は趣旨を「世界の長篇小説」と解釈して、アジア圏代表として「源氏」を選んだようです。

いずれにしても目の前に現れたからには乗り越えるのみ!
3年半ぶりに読み返しました。

今回読み直して感じたのは宇治十帖の圧倒的な高さです。
若き光を描き、世界観が大きく歪む「若菜」を書き、そしてそこまで積み重ねた紫式部にして初めて到達しうる高みなのだと思いました。(2012年3月30日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(17)

そういうわけで、いろいろな出版社がいろいろな写本による「源氏物語」を出版してくれれば、素人の源氏愛好家が校勘作業に加わる事ができて、本文批評学は飛躍的に進歩すると思うのです。
前回も書いたとおり、校勘作業に必要なのは凝り固まった学問的アタマではなく、言葉センスに優れた柔軟な感性ですから。
ところがなぜか出版されているのは定家系の写本ばかりです。

片岡先生によるとそれは、大学入試に使われるのが定家系の写本だから、なのだそうです。
なるほど。
ある本を買おうとして書店に行ったところ、同じ内容の本が複数の出版社から出ていたとします。
こういう時何を基準に本を選ぶかと言うと、「権威」です。
「角川書店」よりは「岩波書店」の方が格調が高そうな気がします。
聖書だと、個人訳よりも何とか協会訳の方が間違いなさそうな気がします。
そして、「源氏物語」であれば「これは試験問題で扱われる本文です」などと書かれていれば、ついついそちらを選んでしまうでしょう。

バリエーション豊かな出版を妨げているのは大学入試制度だった、というオチでした。(2012年3月9日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(16)

「桐壷」で帝が桐壷の死を悲しむ場面があります。
ここで桐壷の容姿を描写するのに「大液の芙蓉、未央の柳」という語句が用いられます。
その前の「絵にかける楊貴妃のかたちは、いみじき絵師といへども、筆かぎりありければ、いと匂ひ少なし」を受けての文章です。
「大液の芙蓉、未央の柳」とは「長恨歌」で楊貴妃を描写した字句でした。

ところが「大液の芙蓉、未央の柳」という言葉が出てこない写本があるそうです。
またさまざまな王朝物語を批評した「無名草子」がこの部分を引用しているのですが、そこにも「大液〜」という表現は出てきません。

可能性としては大きく二つ。
紫式部は「大液」という表現を使ったが、ある写本家が写しもらした
あるいは
紫式部は使わなかったが、ある写本家が書き加えた
どちらかだと思います。

どちらがよりもっともらしいでしょうか?
非常に興味深いです。
何が興味深いかと言って、この問題を判断するのに必要なのは、学問的知識ではなくて、言葉のセンスや、人間とはどういう行動をとる動物であるか、という洞察力なのです。

自然科学よりも柔軟で主観的で、しかし人文科学よりも論理的で構造的で、「批評学」というのは新時代の学問だと思うのです。

あら、また続いてしまいます。

何度も何度も本当にすみません。(2012年3月7日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(15)

校勘作業が最も進んでいると同時に最も遅れている書物があります。

聖書です。

聖書の場合は「校勘」と言わず「批評」という用語が使われますが、聖書が本格的に批評され始めたのは第二次大戦後でした。
無数の写本を照らし合わせて今はなきオリジナルの聖書本文に迫ろうという試みです。
それこそ1文ごとに「Aの写本にある文字がBの写本にはない、AとBと、どちらがオリジナルに近いのだろうか」と考察していくわけです。
こういう気の遠くなる作業を重ねて「批評」という学問は近年大きな発展をとげました。
そういう意味で聖書は批評学の最先端をいくモデルです。
しかし聖書が書かれたのは2千年近くも前です。それに人類に最も大きな影響力を持つ書物です。
批評学が適用されるのはあまりにも遅すぎました、そういう意味で最も遅れているとも言えると思います。

あ、またまた続いてしまいます。
前回の答えはまた次回に。
TVのCMよりも悪質になってきました。(2012年3月5日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(14)

先日「文学に親しむつどい」という講演会に行ってきました。
神戸松蔭女子学院大学の片岡利博先生による「源氏物語の本文」という講座です。

ずっと以前にこの欄でも書いた事がありますが、「源氏物語」の校勘作業はこれまであまり進んでいませんでした。
校勘というのは様々な写本を照らし合わせて、元になった本文を推測・復元しようという作業です。
それが最近になって少しずつ前向きに動き出してきました。
校勘の実際の作業過程、それから導き出されるオリジナル「源氏物語」などなど、非常に興味深い、ユーモアたっぷりで有意義なお話でした。

中でも目からウロコだったのは、「源氏」には様々な写本があるのに、そしてまた数多くの出版社があるのに、どうして1種類の写本しか出版されないのか、という話です。

答えは、あ、長くなったので次回で紹介します。
すみません、「衝撃の結末はCMのあとで」みたいで。(2012年3月2日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(13)

「源氏物語」でもう一つ印象的なのは「若菜」に出てくる猫です。
この時代すでに猫は愛玩動物でした。
ただそこにいてくれるだけで可愛い存在だったわけです。
一方犬は最近まで実用のために飼われてきました。
その目的ごとに品種開発がおこなわれて、その結果品種改良技術が進歩して今では愛玩目的での交配がどんどん進められています。
本来は実用目的であった技術を「より人に可愛がられるため」に用いているのです。
もともとは治療のために開発された形成技術を美容目的で使うのに似ているかもしれません。
それはそれでいいのですが、そういう技術を「ただそこにいてくれるだけで可愛い」猫に適用するのはどうなのでしょう。

猫の血統書などを見せられると、厚化粧の女子高生やポップス風にアレンジされたクラシックに接した時のような違和感を感じる…… と、「ザ・雑種」猫4匹の飼い主は思うのです。(2012年2月29日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(12)

さて「週刊・源氏物語」刊行に合わせて「源氏物語」を読み直しているのですが、今さらながら驚かされるのは太陰暦というシステムです。 
たとえば「夕顔」から

  道遠くおぼゆ。
  十七日の月さし出でて、河原のほど、御前駆の火もほのかなるに、
  鳥辺野の方など見やりたるほどなど、ものむつかしきも、
  何ともおぼえたまはず、
  かき乱る心地したまひて、おはし着きぬ。

「十七日の月さし出でて」という文だけで、読者は月の出の時刻と夜空の風情を同時に直感できるのです。
時間と空間を同時に認識できる、「四次元的表現方法」と言えるかもしれません。(2012年2月27日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(11)

週刊朝日百科の「源氏物語」がなかなか面白いです。



小難しい原文解釈や逐語訳は最低限に抑え、その代わりに絵巻や資料の画像をふんだんに載せて、見た目にも華やかで分かりやすいです。
問題があるとすれば、「週刊」という事でしょうか。
隔週くらいで出してくれるとゆっくり楽しめるのですが、よく考えれば全60冊ですから週間でも1年以上かかるのですね。
頑張って毎週読む事にしましょう。(2012年2月22日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事

源氏にまつわるエトセトラ(10)

「源氏物語絵巻」を見て面白いと思うのは、光源氏がヒゲを伸ばしていたり伸ばしていなかったりするところです。
時代や国によって様々な聖母像があるように、時代の好みによっていろんな源氏像があるということです。
それならば現代日本人から見たとびっきりの美男美女で絵巻を作ってもそれほど見当違いではないと思います。
先日の「源氏絵巻展」で絵巻の中に混じって大和和紀のイラストも展示してありました。
これがまた素晴らしかったです。
ぜひ彼女には今の「源氏絵巻」を描いて欲しいと思います。
もしもう描いていたらごめんなさい。(2008年11月5日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事
 


源氏にまつわるエトセトラ(9)

この間本屋に行ったので「真木柱」の冒頭を各現代語訳で読み比べてみました。
そうです、まだ「源氏」ネタで引っぱります。
実はどの現代語訳がどの出版社から出ているのかメモもしていなくて、読み比べるのは大変だと思っていたのですが、「源氏物語フェア」とかで一つのコーナーに「源氏」関係の本がずらりと並んでいました。
読み比べるには好都合です。
与謝野、円地、瀬戸内はそれぞれにしっとりとした現代語で、しかし巻の最初に玉鬘の相手が鬚黒の大将であることを明らかにしています。
普通の意味の現代語訳ではありませんが橋本訳も大幅に再構築はしているものの基本的に同じです。
ところが谷崎訳は完全にスタンスが違いました。
彼の訳には原文同様主語がありません。
頭注さえ読まなければ原文と同じく「玉鬘は誰と結婚したんだろう?」というわくわく感が味わえます。
それにちょっと読み比べただけでも分かる圧倒的な艶やかさ、雅やかさ。
現代語訳を読むなら谷崎訳が一番いいような気がしますが、ここまで難しいのなら原文を読むのも変わらないような気もするし、結局誰の現代語を選ぶかは個人の好みという結論に落ち着きそうです。(2008年10月31日)

最初の記事<前の記事<main>次の記事


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM