オリンピックとか万博とか(1)

先日用事で科学技術系の高校に行くと、教室の壁に「eスポーツ日本大会参加者募集」と貼り出されていました。

就職や進学の案内と並べて貼られていたので、学校推奨の募集なのでしょう。

 

数年前にこのコラムで「オリンピックにテレビゲームを取り入れよう!」と書きましたが、その時は冗談のつもりでした。

が、現実は私の想像を超えるスピードで進化していたようです。

 

コーラスやブラスバンドのような体育会系文化部はもちろん、最近は書道や俳句でも全国大会があります。

それに加えてこれからは「帰宅部」の生徒でも全国レベルで注目されうる時代になってきたわけです。

 

元「限りなく帰宅部に近かった文化部」員の私はとっても喜んでいるところです。


またまたネコご報告の続き

やっとじっとしてくれました。

 

金子國義の美人画の隣でポーズです。

 

 

かろうじて「ネコ」ということは分かっていただけると思います。


またまたネコご報告

凝りもせず、気が向いたら新入りネコの写真を撮ってます。

 

元気いっぱいでじっとしてくれないので、寝ているところをねらってみました。

 

 

うーん、何なのでしょう。

「黒い何か」、それ以上でもなく、それ以下でもない、みたいな感じです。

 

 


大師道をゆく(29)

猩々池は日によって水量が大きく変化します。

この日は暑さのせいで水量は少なく、崩れた岸にブルーシートがかけられていて、撮影したくなるような風景ではありませんでした。

 

探してみると昔撮った写真が出てきました。

 

 

冬の風景ですね。

 


大師道をゆく(28)

「五丁」の探索はあきらめて首をひねりながら先に進みます。

 

 

この先の階段を上がると猩々池です。

その傍らにも丁石が鎮座しています。

 

 

おや、この丁石にも「四丁」と彫られています。

 

おそらくさっきの丁石が本当は「五丁」だったようです。

石工さんのうっかりミスですね。


大師道をゆく(27)

さてここで首をかしげることになります。

 

「六丁」から先を急ぐと次の丁石が見えてきました。

 

 

近づいてみると、

 

 

写真では分かりにくいのですが「四丁」と書かれています。

 

「五丁」の丁石を見逃したのかと思って、注意深く後戻りしてみましたがやっぱり「五丁」が見つかりません。

 


大師道をゆく(26)

「六丁」の先は比較的歩きやすいです。

 

 

それでも大雨の被害はあちこちに残っています。

たとえばこの立派な滝。

 

 

 

こんな滝は今までなかったと思うのですが……。

 

ただし今もあるかどうかは不明です。

何しろ7月に撮影した写真です。

 


大師道をゆく(25)

「七丁」の先は小石が多くて歩きにくいのですが、すぐに橋が見えてきます。

 

 

橋を渡ったところにあるのが「六丁」です。

 

 

あらら、下手くそな写真ですね。

なぜか「六丁」の丁石は欄干の外側に置かれているのです。


ネコご報告の続きの続き

前回の写真ではあんまりなのでもう一度撮影にチャレンジしてみました。

 

 

うーん、やっぱりよく分かりません。

そもそもピントが合いません。

 

そういえば「インスタ映えしないからという理由で黒ネコを捨てる人がいる」などというネットニュースもありましたね。

黒ネコをきれいに撮るアプリがあれば売れると思います。

 

 


ネコご報告の続き

と思っていたらどういうわけかもう一匹ネコがやってきました。

 

今度は真っ黒な男の子です。

 

まず目を閉じたところ。

 

 

それから目を開いたところです。

 

 

小さくて黒いので顔の造りがよく分かりませんがきっとハンサムボーイです。

 


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM