大師道をゆく(21)

小石がごろごろした道をさらに進むと橋があります。

 

 

その先に見えてきたのが「九丁」の丁石です。

 

 

前回来た時にはなかった札がかけられています。

 

 

「一丁は約109メートル」と書いてあります。

 


大師道をゆく(20)

この雨のせいかどうかよく分からないのですが、片鱗しか見えていなかった道端の廃屋がはっきりと見えるようになりました。

 

 

どうやらただの廃屋ではなさそうです。

建物の前まで行ってみました。

 

 

「再度山中地蔵」という社でした。

 


大師道をゆく(19)

ここからしばらくの写真は7月の上旬、豪雨のすぐあとに撮ったものです。

 

たとえばこことか、

 

 

こんなところとか、

 

 

昨年の台風よりも地形の変わり様がひどいです。

 


ネコに嫌われる方法

このクソ暑いのに、こういうどうでもいい段取りのことばかり考えているのですが、やはり人生でもっとも段取りが大切なのは「晩ご飯」です。

 

お腹が減ってますからとにかく一分でも早く作って一秒でも早く食べたいものです。

皆さんも材料を買って、家に帰るまでの間、大脳をフル回転させて段取りを考えていると思います。

 

料理で一番時間がかかるのは煮物なので、まず何を置いても鍋で湯を沸かし始める。

それから根菜はレンジを使っても結構時間がかかるのでなるべく早い段階でチンし始めたい……、

 

……などなど一生懸命考えた段取りをぶち壊すのが、ネコです。

普段は寄り付きもしないくせにこういう時に限ってみゃーみゃーとすり寄ってきます。

で、「材料を仕込んで一段落したらエサをやるからちょっと待てよ」と、ネコを後回しにすると嫌われるんですよね。

困ったものです。

 

そんな我が家に新しいネコがやってきました。

 

 

この炎天下に草むらに捨てられていたそうです。

地域ネコは耳の端っこを切られますが、ネコを捨てる人の耳の端っこも切ればいいと思います。

 


懐かしのアイスコーヒー

昔、病院の勤務医だったころです。

 

夜遅く病棟でカルテを書いているとよく看護師さんがアイスコーヒーを淹れてくれました。

それが実に手際鮮やかで、カップにインスタントコーヒーとクリープと氷を入れてそこにお湯を注ぐだけです。

ものすごく手抜きでものすごく素早くて、ところがこれが妙に美味しかったです。

しかしまあ、こういう味は夜中の病棟詰所だから美味しかったのだと思います。

自宅で同じように作ってみても全然美味しくありません。

 

で、自分でインスタントコーヒーを淹れてみて気がつきました。

カップにコーヒーとクリープを入れる時、あらかじめ両方の容器の蓋を開けてから入れた方が楽です。

文章で読んでもぴんと来ないと思いますが、インスタントコーヒーを作る機会があればぜひお試しください。

 

ついでに言うと、ホテルの朝食バイキング会場などに自動コーヒーサーバーが置いてあります。

まずカップにコーヒーフレッシュや砂糖を入れてからコーヒーを注ぐとかき混ぜる手間が省けます。

 


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM