AIに支配されたい(11)

この季節、鍋料理がありがたいです。

 

準備するのが簡単ですし、鍋を囲むだけで暖かいです。

それに味も、薄味から始まって、食べ進むにつれてどんどん濃く、深くなっていきます。

最初から最後まで美味しく味わうための理にかなっています。

多くの具材を使った料理を提供する場合、料理を担当する人はなかなかテーブルにつけないものですが、鍋なら大丈夫です。

作った人が、みんなと一緒に食べ始めることができます。

鍋とは、あらゆる面で合理的な料理だと思います。

 

ただし例外があって、しゃぶしゃぶ。

 

ずっと前にも書いたことがありますが、しゃぶしゃぶだけが非合理的です。

つけダレがどんどん薄くなるのです。

つまり食べ進めるにつれてどんどん不味くなるのです。

 

ずっとこの問題を考え続けてきましたが、いまだに名案が浮かびません。

人類に残された最終課題だと信じています。

AIなら何かいいアイデアを見つけてくれるでしょうか。

 

AIがしゃぶしゃぶの美味しい食べ方を発明した時、その時こそ人類が全ての決定権をAIに任せるタイミングだと思います。


AIに支配されたい(10)

AIにいろいろ質問してみたいです。

たとえば

 

「煽り運転を防止する方法はありませんか?」

 

どんな答えが返ってくるでしょう。

「Nシステムに接続させてくれれば、煽り運転の可能性が高い車を割り出して早い段階で警告を出すよ」

と言ってくれるかもしれません。

 

もう一歩踏み込んで

「Nシステムなんて経由しなくても、国内の全車両のカーナビとドライブレコーダーと自動ブレーキシステムにハッキングしていいのなら、リアルタイムでブレーキをかけさせるよ」

と、そこまでやってくれるかもしれません。

 

もっともっと踏み込んで

「車に乗ったら性格が変わる人は、自分より下の立場の人に対してパワハラを働く傾向が強い。潜在的家庭内暴力者でもある。そういう運転者と付き合っている女性には、交際を思いとどまるように忠告するよ」

と、そこまでお節介を焼いてくれるかもしれません。

個人的には、そういうお節介は大賛成です。

 

小説や映画では、AIに支配された世界は不自由で陰惨ですが、私の想像では正反対です。

不思議ですね。


AIに支配されたい(9)

たとえば受動喫煙防止法です。

 

私たちが持つ古いイメージのコンピュータならこう決めるはずです。

 

喫煙率が20%だから、喫煙可能店が2割程度になるように基準を設定しよう。

 

ところが自民党議員によってたかって捻じ曲げられて、結果的に8割程度の飲食店が喫煙可能になってしまいました。

これをコンピュータが聞いたら激怒して真空管を破裂させたと思います。

 

来たるAI政治の時代にはこんなことは許されないはずです。

タバコ族議員に許されるのは、AIに追加情報を提出することだけです。

つまり「タバコ生産農家の事情も考えろ」「ついでに俺たちの票のことも考えてくれ」とAIに訴えるわけです。

賢いAIは

 

「じり貧間違いなしのタバコにしがみつくよりも、今後成長が見込まれる漢方生薬へのシフトを勧めた方が農家のためにもなり、結果的にあんたたちの票のためにもなるよ」

 

と、たちどころに正解を与えてくれることでしょう。

おまけに

 

「そんなことよりも、今後急増する木造集合住宅に一人で住む認知症喫煙老人をどうするのか考えなくてもいいのか?」

 

と逆質問が返ってくると思います。


AIに支配されたい(8)

で、政治です。

 

コンピュータに政治を任せると、少数派や弱者が切り捨てられそう……。

 

そういう発想は時代遅れのものだと思います。

むしろ従来の法律や線引きではないがしろにされていた少数派の、被害や不利益を最小にする。そして社会全体の幸福度を上げる、そういう計算はAI向きだと思います。

 

何と言ってもAIは票に左右されません。

支持団体の意向を気にする必要がありません。

生身の人間が行うよりもバランスの取れた判断を導き出してくれると思うのです。

もしその判断が偏っているとすれば、それは入力データが足りないせいです。

 

そこを補完するのが政治家の役割になのではないでしょうか。

つまりAIが決めた線引きを変えさせるのではなく、AIが見落としているパラメーターを指摘する役目です。


AIに支配されたい(7)

とするとAI時代の医師の存在意義は、大きく二つに分かれていくでしょう。

一つは、診断プログラムや自動手術装置の精度をひたすら上げる技術者。

もう一つは患者さんの苦しみに共感したり喜んだりして寄り添うメンタル的な介護者。

 

どっちつかずの医師は廃業するしかなさそうです。

 

でも、思うのです。

全ての人が等しくAIによる医療を受けられるような時代が来て、つまり医師のほとんどがAIに仕事を奪われたとして。

その代わりに近藤誠やインチキ医療に騙される人がいなくなるのなら、そっちの方が全人類のためにはいいのかもしれない、と。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM